総量規制対象外のキャッシングでおすすめのカードローン

総量規制対象外のカードローンでキャッシングをしたい!

 

でもどこが総量規制対象外で借りれるところなの?

 

と悩んでいませんか?

 

まずは総量規制対象外のカードローンはどんなカードローンなのか、そこのところをチェックしてみましょう!

 

総量規制の対象外となるカードローンは銀行カードローン。

 

総量規制の対象となるカードローンは消費者金融のカードローンとなることがわかると思います。

 

ここからは総量規制対象外のカードローンの中でも、特におすすめの銀行カードローンや総量規制対象外のカードローンの見極め方。
なぜ総量規制対象外のカードローンとそうでないカードローンが存在するのかなどを紹介していきます。

 

おすすめの総量規制対象外カードローンの選定基準

総量規制対象外のカードローンはここがおすすめ!

 

といわれても、なんでこのカードローンがおすすめなの?と思いませんでしたか?

 

これにはちゃんとわけがあるんです。

 

総量規制対象外のカードローンと言っても、どこのカードローンも得意な貸付というものを持っています。

 

例えば、限度額が低いカードローンは高額の貸付に向いていませんし、審査に時間のかかるカードローンは即日の借入には向いていません。

 

そう考えたとき、総量規制対象外のカードローンで借りるにしてもあなたの状況に合わせたカードローンを選ぶ必要が出てきます。

 

その為、借入をするケースに合わせた総量規制対象外のカードローンをお勧めする必要が出てくるのです。

 

お金を借りるとき、

 

総量規制の対象外なら何でも良い!

 

という考えは止めてください。

 

あなたの信用を傷つける可能性や、今後のカードローン利用に支障をきたす可能性もあります。

 

まずはあなたが今どんな状況でどんな借入をしたいのかを考え、それを得意とするカードローンを選ぶようにしてください。

 

得意としている貸付にマッチしているなら審査に有利に働く可能性もあります。

 

今更聞けない総量規制のおさらい

総量規制って、なんとなく知ってるけどなんで銀行カードローンには適応されないのか知っていますか?
まず、簡単におさらいですが、

総量規制とは、債権者が貸付できるお金の総額が債務者の所得の1/3以上になってはならない。

という決まりのことです。

 

もっと簡単にまとめると
貸金業者から借りれるのは年収の1/3が上限だよ。
ということですね。

 

銀行カードローンが総量規制の対象にならないわけ

総量規制という決まりは、貸金業法に定められる決まりです。
貸金業法が適応されるのは貸金業を営んでいる会社。
つまり、消費者金融やクレジットカード会社。信販会社などのことを指します。

 

そう考えると、銀行カードローンも貸金業のくくりに入るはずなのですが、銀行カードローンは銀行法という枠組みで貸金業を営んでいるカードローンなので、その他の貸金業とは少し毛色が異なるのです。

 

銀行法で運営する銀行カードローンは貸金業法の定めには縛られません。
銀行独自の審査基準を用いて利用者のカードローン利用枠を判断し、可能であるなら年収の1/3以上の貸付を行ってくれます。

 

その為、いくら消費者金融で総量規制に引っかかるくらいの借入があったとしても、銀行カードローンの審査に通過できれば年収の1/3以上の借入をすることも可能です。

 

銀行カードローンが総量規制の対象外といわれるのは、貸金業法に縛られないカードローンだからというわけですね。