オリックス銀行カードローンの審査に通る為には

オリックス銀行カードローンの審査に通るためには、オリックス銀行カードローンの審査を受ける対策をとることが大切です。

 

でも、審査を受けるのに対策もなにもないんじゃ。。。

 

そんなことはありません。
カードローンの審査は申し込みをするカードローンの特徴をしっかりとつかんでおくことで対策をとることができます。

 

あなたがオリックス銀行カードローンの審査に通る人になれるよう、オリックス銀行カードローンの審査について確認していきましょう。

 

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

オリックス銀行カードローンは、店舗を構えていないネットバンクであるオリックス銀行から出されているカードローン商品です。

 

カードローンにはいくつか種類があり、

 

・銀行カードローン
・信販系カードローン
・クレジット系カードローン
・消費者金融のカードローン

 

と大まかに分けて4つの種類が存在します。カードローンの種類や一覧についてはこちらのまとめも参考になります。
この4つのカードローンの審査の甘さを順位で表すと

1.消費者金融のカードローン
2.信販系・クレジット系カードローン
3.銀行カードローン

 

という順番となり、銀行カードローンが最も審査の厳しいものとなっています。

 

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンの中でも特に審査通過の難しいカードローンといわれていますが、それはオリックス銀行カードローンの審査の特徴を知らない方が無謀な申し込みをするせいで広まった風評です。

 

オリックス銀行カードローンの審査の特徴についてまずは見ていきましょう。

 

オリックス銀行カードローンの審査の特徴

オリックス銀行カードローンの審査の特徴をお伝えするには、まずあなたにオリックス銀行カードローンの借入スペックについて理解をしてもらうことが大切です。

 

特に理解して欲しいのは

・金利3.0%〜17.8%
・最高限度額800万円
・利用者制限

の3つ。
この3つを見るだけでオリックス銀行カードローンが融資をしたいと思っている利用者の属性がわかってきます。

 

まず金利からオリックス銀行カードローンの審査についてみて行きましょう。
オリックス銀行カードローンは最低金利については業界最低水準の低さを誇りますが、最高金利は銀行カードローンの中でもワーストを争う高さを誇っていますね。

 

最高金利が消費者金融と変わらない上に、申し込みをしてすぐに借りることができないオリックス銀行カードローンに誰が最高金利の当てはめられる借入の申し込みをするのでしょう?
消費者金融と同じ金利で借入まで3日以上かかるオリックス銀行カードローンに10万円の借入を申し込むことはないと思います。

 

では最低金利で見たらどうでしょう?
最低金利はオリックス銀行カードローンの最高限度額をMAXまで借入しないと当てはめられない金利ですが、実際に最低金利で借入することは難しいと思います。
でも、最低金利が低いということは高額の借入をしたときに金利が他の銀行カードローンよりも低くなる可能性があるということを示唆しています。
実際に他のカードローンと比べると高額融資を受けるときには低い金利でお金を借りることができます。

 

ということはこの金利から察するにオリックス銀行カードローンは高額融資をしたがっているということがわかりますね。

 

次に最高限度額を見てみましょう。
オリックス銀行カードローンの最高限度額は800万円。
この金額は銀行カードローンの中でも高めの限度額設定だといえるでしょう。
※最近では1000万円までの限度額のカードローンも増えてきています。

 

金利設定のところでオリックス銀行カードローンが高額の借入審査をしたがっているとお話しました。
高額融資をしたがっているこそ800万円という高額の最高限度額を設定しているということが限度額の設定から読み取れますね。

 

最後に利用者制限についてです。
銀行カードローンは貸金業法に定められる総量規制の範疇外にあるものです。銀行は銀行法で運営してカードローン業務を行いますので、総量規制の縛りである年収の1/3までの借入というようなルールはありません。
その為、銀行カードローンでは無職である専業主婦や学生への貸付を行っていることも多々あります。

 

しかし、オリックス銀行カードローンではいかなる方法を用いていも学生や専業主婦が借入することを認めていません。
オリックス銀行カードローンが利用対象者として認めているのは安定した収入を得ている方のみなんです。

 

このことからオリックス銀行は所得の低い人を貸付したい対象としていますがメインはそこではないことが読みとれます。
もちろん年収の制限はありませんから、パートでもアルバイトでも収入を得ていればオリックス銀行カードローンを利用することはできます。
しかし、オリックス銀行カードローンが利用者として積極的に審査を行いたいのは高額の貸付ができる安定した収入を得ている方だということがわかりますね。

 

 

オリックス銀行カードローンの審査の特徴は、主に高額融資が望める人に積極的に貸付をするというところにあります。
これは、現在の所得が低くても今後収入がアップすることが見込める方も同様に積極的な融資をしたいと考えていると思って良いでしょう。

 

現在安定して高収入を得ている方。
今後収入が平均所得よりも上回る可能性のある方がオリックス銀行の審査に有利に通過できる属性だということが言えます。

 

ただ、オリックス銀行カードローンでは所得の低い人を完全に無視をしているわけではありません。
そこにはオリックス銀行カードローンが保証業務提携をしている2社の保証会社が関係してきます。

 

2社ある保証会社の意味

オリックス銀行カードローンは現在、2社の保証会社に保証業務提携をすることで年収の制限なく利用ができるようになりました。しかし、保証会社が2社になる前。オリックス・クレジット株式会社1社と保証業務提携をしていた頃はそうではありません。当時オリックス銀行カードローンは利用者の制限の中に「年収200万円以上の方。」という項目をつけていたのです。

 

これは、オリックス・クレジット株式会社が高額の融資をする際の保証業務を得意としており、オリックス銀行自体も高額の融資をして業績を伸ばしていきたいと考えていたこと。
カードローンサービスを始めたばかりで広い属性に合わせた融資の対応が難しかったことが考えられます。

 

2012年から2年間で大きく業績を伸ばし、2014年の10/31に新たに新生フィナンシャル株式会社とも保証業務の提携を行うようになったオリックス銀行カードローン。
ある程度安定したカードローンサービスが提供できる状態になり、少額融資を希望する属性にも手を広げました。

 

保証会社が2社あることで私達カードローン利用者が得るメリットは1度の申し込みで2社からの審査が受けられること。

 

オリックス銀行カードローンでは、審査申し込みをした後オリックス・クレジット株式会社の審査を受け、その審査に落ちたときにのみ新生フィナンシャル株式会社での審査を受けることになります。

 

これはどういうことかというと、

 

高額では借りれない(オリックス・クレジット株式会社の保証を受けれない)けど、それ以下の借入(新生フィナンシャル株式会社の保証を受けること)ならできる可能性がある。

 

ということ。
簡単にいうと100万円の借入はできなくても50万円の借入ならできる可能性があるということです。

 

オリックス銀行カードローンを使い続ければ限度額の枠を大きくすることができます。
どのカードローンでもできることですが、オリックス銀行カードローンの限度額の枠は1回の増枠で10万円単位での増枠が可能です。
なので、最初は限度額50万円の設定でも次回増枠審査の時には100万になる可能性もあるのです。

 

こつこつ使い続けることでかなり利便性の上がるオリックス銀行カードローン。

 

保証会社が2社になったことで利便性の高いカードローンの審査通過の間口が広がったことは私達消費者からすると、とても大きなメリットです。

 

オリックス銀行カードローンの審査に通る人。通らない人。

オリックス銀行カードローンを利用するとき、オリックス銀行カードローンの審査に通る人。通らない人が存在します。

 

もしあなたがオリックス銀行カードローンの審査に通らない人であるなら、オリックス銀行カードローンへの申し込みは避けたほうが良いでしょう。
審査に落ちるのがわかっているのに申し込みをして、あなたの信用情報をわざわざ汚すメリットはありません。

 

あなたが借入できる可能性のあるカードローンの審査を受けることをおすすめします。

 

オリックス銀行カードローンの利用条件

オリックス銀行カードローンの審査に通る。通らないを考える前に、まずあなたがオリックス銀行カードローンの審査を受けることができるかどうかを確認しておきましょう。

 

オリックス銀行カードローンの利用条件を簡単にまとめると

・安定した収入があること
・年齢が20歳以上で、69歳以下であること
・日本国内に在住していること
・外国籍の場合、永住者か特別永住者であること

がオリックス銀行カードローンを利用するために必要な条件です。

 

ただ、公式HPのご利用いただける方の中には紹介されていませんが、学生はいかなる場合でも利用することができません。
オリックス銀行カードローンに直接問い合わせをして確認をとり、
『学生の場合、起業をして会社の代表をしていても、企業に勤めていても利用できません。』
と明言されました。

1点補足をしますが、学生はどれだけ収入を得ていてもオリックス銀行カードローンの利用はできません。
起業をして会社の取締役をしてたとしても学生がオリックス銀行カードローンを利用することはできないのです。
ただ、学校を辞めて個人事業主や企業の役員という立場になれば利用は可能です。引用:オリックス銀行カードローンの全て

上記のとおりやはりオリックス銀行の審査は、学生は対象外であるようです。

 

また、安定した収入には年金は含まれません。
年金のほかに安定した収入があれば、69歳以下なら申込が可能です。

 

それでは利用できる条件を加味した上で、オリックス銀行カードローンの審査に通る人。通らない人を見ていきましょう。

 

審査に有利な審査に通る人。

オリックス銀行カードローンの審査に有利な審査に通る人というのは、属性や信用が高い人のことを指します。

 

属性や信用で最も大切なのはの属性や信用に傷がないこと。
属性はあなたの所得や勤務先、勤続年数のことを指します。

 

大げさに例えるなら「あなたの人としての価値」を値踏みするために必要な情報です。
信用情報はあなたに貸付をして「返済してくれる人なのか」を判断する為に用いられる情報です。

 

この2つの情報が高いレベルにいる人がオリックス銀行カードローンで借入しやすい審査に通る人だといえます。
※ここで審査に通る人と表現していても実際の審査に通る保証はありません。今まで借入が成功した実例とオリックス銀行カードローンが貸付したいと考えている人のデータを元に審査に通る可能性が高いということを紹介しています。

 

具体的に数値や職業を上げるなら、オリックス銀行カードローンが貸付をしたいと考えている人を見たほうが早いでしょう。

 

オリックス銀行カードローンが積極的に貸付をしたいと考えているのは安定した収入があるおまとめローン等を目的とした高額融資ができる方です。

 

例えば

・市役所勤務
・勤続10年以上
・男性
・30代半ば〜40代半ば

 

こんな人は審査を有利に進めることができると考えて良いでしょう。
職業・勤続年数・年収・勤め先の安定・今後の収入アップもろもろを見込むと、信用情報に傷が付いていない限りは問題なく借入ができる水準にいると考えられます。

 

また、公務員でなくても

・中小企業の会社員
・勤続5年以上
・男性
・20代後半〜30代前半
・社会保険

 

といった属性の方も信用情報に傷がなければ審査に問題があるようには思えませんので、まず心配は要らないと考えられます。

 

どこのカードローンでもそうですが、安定した高い収入で、・収入がなくなるリスクが少なく、返済を真面目に行える人に貸付をしたいと考えます。

 

審査に通るには属性を高めること。
信用に傷をつけないこと。

 

の2点が審査に通るためにもっとも大切なことです。
例えば今あなたが複数の他社から借入をしていて返済に苦しんでいるなら、早めにオリックス銀行カードローンの審査を受けるのがおすすめです。

 

返済遅延で信用情報に異動情報がついてしまったらオリックス銀行カードローンで借入をすることができないばかりか、他のカードローンでも追加融資やおまとめ、借り換えができなくなります。

 

あなたの信用情報や属性がクリーンなうちにオリックス銀行カードローンの審査を受けてみたらいかがでしょう?

 

審査に不利な通らない人。

審査に通らない人を簡単にまとめるなら

 

信用できない人。

 

これに尽きます。
具体的には

・債務整理を行っている人
・返済遅延をした人
・多重債務を抱えている人
・正規業者から借入をしていない人
・虚偽の内容で申し込みをする人
・一度に複数の審査申請をした人

ブラックの人は審査に通ることができないということですね。
銀行カードローンは審査が最も厳しいカードローンです。
消費者金融でもブラックの人に融資をしていないのですから、銀行カードローンで審査通過できないのは当然でしょう。

 

債務整理・返済遅延・多重債務は貸し倒れのリスクが大きくなるので貸付を行ってもらうことは難しいでしょう。
正規業者ではない闇金やサラ金から借金をしている・1度に複数の審査申請をした人は、既に自分が審査に通ることがない自覚をしている時点で審査に通ることはないでしょう。
虚偽の申請をする信用のできない人にお金を貸すことはできません。

 

ただ、この中でも審査通過できる可能性がある人も存在します。

・返済遅延をした人
・多重債務を抱えている人

この2パターンの場合は、もしかしたら審査通過の可能性があるかもしれません。

 

まず返済遅延。
返済遅延は遅延した期間が短く、回数が少ない場合にはオリックス銀行カードローンでの借入ができる可能性があります。
返済遅延を行って異動情報(ブラックの情報)が信用情報に記載されるのは2ヶ月の遅延が過ぎてからです。
返済遅延は2ヶ月間を過ぎると貸金業者に異動情報記載の権利が与えられます。
そして3ヶ月を過ぎると返済遅延は異動情報として記載するよう義務付けられているのです。

 

例えばあなたが2年以内に3回。1週間ほどの遅延を行ったとして、それは異動情報として信用情報に記載はされていません。ただ、返済履歴から遅延をしたことはばれますが、それでも異動とつけるほどの問題ではないので審査通過できる可能性があるのです。

 

次に多重債務。
多重債務は2社から借入をした時点で多重債務です。
その為、借入を3社以内に留めているならあなたはまだ借り入れできる可能性が残っているといえます。

 

多くのカードローンでは4社以上の借入をしている人に対して貸付をしたくないと考えています。
でも、まだ3社に留めているならあなたはおまとめできるチャンスが残っているのです。

 

もしもご自分の信用情報が現状でどうなっているか知りたい方は、CICで信用情報の照会をしてみると良いでしょう。
一生ブラックということはありませんから、思い当たる節がある方は信用情報を照会した方が懸命です。

 

オリックス銀行カードローンはおまとめローンに積極的な審査を行ってくれる銀行カードローンなので、おまとめのチャンスが残っているあなたなら審査通過の可能性が残っているといえるでしょう。